イタチを捕獲した後の殺菌処理|綺麗な住宅を取り戻そう

man

二次被害を防ぐ工夫

イタチ

イタチやねずみは学習能力の高い動物で、中途半端な捕獲方法では簡単に駆除することができません。一度警戒されるとその後の捕獲作業がやりづらくなってしまいます。そのため、捕獲前の事前の準備はしっかりと行なうべきです。また、自分で捕獲せずに専門の捕獲業者に頼んだ方が成功率も格段にあがります。業者が行なう捕獲方法は、忌避剤や光を使うというもので、非常に効果があるやり方です。忌避剤は、イタチやねずみの嫌がる臭いを発生させるので、すぐに外に逃げ出してくるのです。また、光を当てると人間に見つかったと思い、隠れていた場所から慌てて飛び出してきます。そこを逃さず的確に捕獲します。この忌避剤は自分でも手軽に購入できるので、専門業者の捕獲作業が終わった後も設置しておくと良いはずです。複数回利用すると、学習能力の高いイタチやねずみは二度と家に侵入して来なくなるでしょう。

イタチを捕獲すしたり、ねずみ駆除を行なう専門業者は、二次被害を防ぐための対策も同時に行なってくれます。イタチによる二次被害というのは、排泄物や巣のことです。これらはイタチを捕獲した後に速やかに撤去しなければいけません。異臭を発生させたり、気管支の病気にかかる可能性があるのです。捕獲専門の業者は、排泄物や巣を撤去させたあと、イタチが住み着いていた空間全体に薬剤を散布し、殺菌、消毒を行ないます。高性能の噴霧器で作業を行なうので、隅々まで処理が行き届くのです。この際、万が一排泄物などで腐敗した部分があれば、張替えや壊れた箇所の補修を行なってくれるので、安心して生活を続けることができるはずです。

屋根裏に侵入する害獣は、イタチの他にハクビシンという動物もいます。ハクビシンは鼻面に白い筋の入っているジャコウネコ科の動物であり、サイズはイタチより大きめとなっています。ハクビシンもイタチと同様に屋根裏に侵入して、糞尿被害をもたらします。被害を防ぐためには、イタチ駆除と同じく、ハクビシン駆除の専門業者に依頼するのが安心です。屋根裏などから不審な音がした場合には、速やかに相談しましょう。また、イタチやハクビシン同様にアライグマも駆除が必要な害獣の一つとなっています。外見は可愛らしいですが、マダニによる感染症の要因になったり、狂犬病などの媒介要因になったりします。そのため、敷地内で発生の確認が取れたら速やかに駆除をしましょう。その際、業者選びは慎重に行なわなければいけません。複数業者に見積もりを依頼して比較をするようにしましょう。費用だけでな駆除方法やスタッフに対応方法をチェックすることで優良な専門業者に依頼することができ、納得のいく駆除作業を依頼出来るでしょう。

安全に配慮した方法

不動産

イタチは住宅に侵入すると、食べ物を荒らすだけではなく、ペットを襲う場合があります。そのため早急に捕獲する必要があります。煙が発生する薬剤や粘着シートを駆使すると安全に作業が行えるはずです。

View Detail

誰でも利用できる業者

メンズ

イタチの捕獲には特別な許可が必要なので、思った以上に手間がかかります。しかし専門業者に依頼をすると、無駄なくスムーズに捕獲作業を行なってもらえます。ネットやフリーダイヤルを利用して気軽に問い合わせてみましょう。

View Detail

流れを把握しよう

室内

イタチの捕獲専門業者に依頼する流れは簡単です。電話で依頼の申し込みをした後、スタッフによる現地調査が行なわれます。そこで見積もりを出してもらい契約を交わします。流れを事前に把握しておくと不安なく作業を任せられるはずです。

View Detail