イタチを捕獲した後の殺菌処理|綺麗な住宅を取り戻そう

house

安全に配慮した方法

不動産

日本には数多くの生き物が生息しています。そのほとんどは自然の多い山などで生活をしているのですが、中には人間の住宅に侵入してくる動物もいるのです。その中でもイタチによる住宅への被害が深刻になってきています。イタチは本やテレビの影響で、可愛い動物という印象が強いはずですが、実は凶暴な性格をしています。雑食で、果物や野菜の他に、ネズミやウサギを捕食し、時には家畜やペットを襲う場合もあるのです。この凶暴なイタチによる被害を減らすために、まずは特徴を把握しながら、捕獲する作戦を考えるべきです。イタチは、夜行性で体長も五十センチ程度と小さいので、屋根裏などによく潜んでいます。そこで、家でできる、イタチを捕獲するための有効な手段が、煙を使うというものです。ホームセンターなどで売っているゴキブリ用の煙の薬剤でも効果があるので、手軽に捕獲作業を行えます。煙の薬剤でなくても、蚊取り線香でも代用できるので、自宅に余っている分があれば利用するべきです。また、その捕獲方法は簡単で、イタチの潜んでいそうな屋根裏に薬剤や蚊取り線香を設置するだけです。そうすると、煙を嫌がったイタチが出てくるので、すぐに捕獲することができます。この時、自分で捕まえるのは危険なので、屋根裏や周辺の経路にネズミ捕獲用の粘着シートを仕掛けておくのも効果的です。粘着シートでなくても捕獲用の罠はたくさんあるので、薬剤を購入する時についでに見ておくと良いでしょう。
自力で捕獲作業を行う際は、安全に配慮した上で、素早く作業を行なうべきです。